トゥミ が マクラーレンをイメージしたラグジュアリーカプセルコレクションを発表

31 Mar 2021

旅行・ライフスタイルの世界的リーディングブランドとして知られるトゥミが、ラグジュアリー・スーパーカーメーカーおよびFormula 1チームのマクラーレンとコラボレーションした新カプセルコレクションを 発表いたしました。

世界各国で開催されるイベントやレースに参加するため、年に数千マイルの移動をするマクラーレンのデザイナー、エンジニア、そしてレーシングドライバー。彼らの旅路を支える中でなくてはならないものがトラベルバッグです。
世界中を  ’スピード’  で魅了するマクラーレンをインスピレーションに、優れた耐久性を誇る新しいコレクションが誕生しました。

トゥミは45年にわたり、世界中のトラベラーの旅をより快適なものにするために、革新性や機能性、耐久性 そしてデザインにこだわり、高い評価を得てきました。

2019年にパートナーシップ提携が発表され、トゥミのクリエイティブ・ディレクターであるヴィクター・サンズと、マクラーレンのデザイン・ディレクターのロブ・メルヴィルは、エレガントなビジネス、トラベル、デイリー用品として、ラグジュアリーなカプセル・コレクションを生み出しました。どのアイテムもシンプルでありながら、移動中のあらゆる状況に対応できるようにデザインされています。
トゥミは 自動車からスポーツまで、あらゆるフィールドからデザインの着想を得てきました。特に最先端テクノロジーとデザインを際限なく融合するマクラーレンからのインスピレーションは絶大です。

両ブランドは、さらなる高みを目指す、というビジョンをともにしています。その哲学は、マクラーレンからインスパイアされたトゥミのコレクションに息づく、こだわり抜いたディテールや素材選びからも垣間見ることができます。

トゥミとマクラーレンが共有する精神を体現したカプセル・コレクションは、全9アイテムで構成され、それぞれにマクラーレンの流麗かつ大胆なスーパーカーやレーシングカーの要素が取り入れられています。また どのアイテムにもマクラーレンの象徴であるパパイヤカラーをハイライトに、CX6®️カーボン・ファイバーをアクセントとして使用しています。

メインのトラベルバッグは、「エアロ」インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオンと「クァンタム」・ダッフルです。キャリーオンはハイブリッドな素材で作られており、レーシングカーに使われる耐摩耗性の極めて高い熱可塑性複合素材Tegris®を使用。ハードシェルとは対照的なファブリックのフロントパネルは、スーパーカーにインスパイアされたデザインです。

バッグの中身を保護するための、このようなソリッドな作りにも、マクラーレンのスーパーカー・デザインの要素が散りばめられています。内装のコンプレッション・ストラップは、限定仕様のMcLaren Senna GTRのようなサーキット専用モデルやレーシングカーなどの6点式レーシング・ハーネスから着想を得ています。

「ヴェロシティ」バックパックは、1日中電源を保てるように、USBポートやパッド入りラップトップ・コンパートメントを備えます。また、トゥミの特徴である、アド・ア・バッグ・スリーブを用いて、同コレクションのキャリーオンと組み合わせることができます。

身軽でモダンな「トルク」スリングと「ルミン」ユーティリティ・ポーチ、「オービット」スモール・パッキング・キューブ、「トレース」エクスパンダブル・オーガナイザー・アクセサリー、スプリットコンパートメントタイプの「テロン」トラベル・キットは、携帯性が高く、旅先でいつでもすぐに取り出すことができます。

コレクションは3月31日からTUMI.com、各国のトゥミ直営店および限定店舗、一部のマクラーレン正規販売代理店をはじめとし、世界中で販売されています。

「ヴィクターと初めて会ったときに、互いのクリエイティブなビジョンを注ぎ込めると直感で感じました。マクラーレンでは、マシンのパフォーマンスにつながるデザインと素材の組み合わせを何よりも大切にしています。このコラボレーションにおいてもその手法を取り入れるべく、このコレクションのあらゆる側面を分析し、磨き上げる作業に長い時間をかけました。おかげで、トラベラーと寄り添うと共に、旅先での経験だけでなく旅のすべてを楽しませてくれるものになったと自負しています」
ロブ・メルヴィル、マクラーレン・オートモーティブ・デザイン・ディレクター

「このプロジェクトは、究極のコラポレーションです。トゥミとマクラーレンには本質的な共通点があります。私たちは志をともにするブランドであり、比類ない品質、技術革新、そして卓越したデザインという価値観を共有しています。このパートナーシップには製品を越える価値があります。私たちはライフスタイルに焦点を当て、カスタマー・エクスペリエンスを向上させるデザインを追求しています。マクラーレンの先進的テクノロジーと我々の優れた素材によって、タフな出張から普段使いまで、幅広いシーンでお使いいただける製品に仕上がりました」

ヴィクター・サンズ、トゥミ・クリエイティブ・ディレクター
本リリースに関する高解像度画像は、以下マクラーレン・オートモーティブ メディアサイトよりダウンロードいただけます。

cars.mclaren.press/jp-ja

 

______________

マクラーレン・オートモーティブについて:

マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスーパーカーを製造しています。自動車は全て、英国サリー州ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)において、手作業で組み立てられています。2010年に設立され、現在はマクラーレン・グループ最大の企業です。

GT、スーパーカー、モータースポーツおよび究極(アルティメット)のモデルで構成されている、マクラーレン・オートモーティブの製品ポートフォリオは、世界中32以上のマーケットの85以上の正規販売店で販売されています。

マクラーレンはパイオニアとして絶えず限界に挑戦しています。1981年、マクラーレンは、McLaren MP4/1を通じて、軽量かつ強固なカーボン・ファイバー製モノコックシャシーを初めてFormula 1に導入しました。

1993年には、ロードカーのMcLaren F1を設計・製造。以来、製造する車両全てにカーボン・ファイバー・シャシーが採用されています。また、アルティメットシリーズのモデルとして、マクラーレンは、ハイブリッド・ハイパーカーであるMcLaren P1™を業界に先がけて投入しました。

2018年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、12億ポンドを研究開発に投入し、2025年までに18のニューモデルを導入するという、新しいビジネスプラン「Track25」を発表いたしました。

2018年、マクラーレン・オートモーティブは5,000万ポンドを新規投資し、イングランド北部のシェフィールド地域に、マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターを開設しました。この施設では、軽量のマクラーレン・カーの核となる、次世代の「タブ」が製造されることになっています。

2019年にマクラーレンは、600LT Spider、新しいGT、ならびにサーキット専用のSenna GTRを投入し、620RとMcLaren Elvaを発表しました。

イノベーティブなスポーツカーとスーパーカーシリーズを開発、設計および製造するために、マクラーレン・オートモーティブは、専門的な知識と技術をもつ世界トップレベルの企業と提携しています。アクゾノーベル、アシャースト、デル・テクノロジーズ、ピレリ、リシャール・ミル、トゥミが主なパートナー企業です。

マクラーレン・グループについて:
マクラーレン・グループは、ラグジュアリーなオートモーティブとテクノロジーにおける世界的リーダーであり、マクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシングおよびマクラーレン・アプライドという3つのビジネスで構成されています。

オフィシャル ウェブサイト:https://cars.mclaren.com/jp-ja
オフィシャル フェイスブック:https://www.facebook.com/mclarenautomotivejpn/
オフィシャル インスタグラム:https://www.instagram.com/mclarenautojapan/
マクラーレン・オートモーティブ アジア 日本支社  オフィシャル ユーチューブ :
こちらをクリックください

マクラーレン・オートモーティブ広報事務局

担当: 小川 / 山内(コスモ・コミュニケーションズ / コミュニオン)
Phone: 03-5468-5278 / Email: jp.press@mclaren.com

根岸 美穂子(マクラーレン・オートモーティブ)
Phone: 03-6675-4313 / Email: mihoko.negishi@mclaren.com