マクラーレンの次世代「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド」スーパーカー、【McLaren Artura】の発売が決定

23 Nov 2020

  • スーパーカーの McLaren Artura (マクラーレンアルトゥーラ) は 2021 年前半に発売
  • マクラーレンが誇る電動化技術をスーパーカー・クラスに初めて適用
  • 新たな「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」の章が始まる

 

マクラーレン・オートモーティブは、来年、新モデルの McLaren Artura を発売します。ハイブリッド・パワートレインに関するエンジニアリングの専門性を結集した「ハイ・パフォーマンス・ハイブ リッド(HPH)」は、半世紀以上におよぶレーシングカーとロードカーにおけるマクラーレンの知識、経験、そしてエンジニアリング技術を生かして開発されました。

 

あらゆる面でまったく新しい McLaren Artura は、先駆的なイギリスメーカーによる新時代の幕開けを告げるモデルです。ここで生かされる電動化技術は、まず 2012 年にベールを脱いだハイブリッド・ハイパーカーの McLaren P1™ で実証され、今年から生産に入ったハイパーGT の Speedtail においては、マクラーレン史上最速の最高速度 403km/h(250mph)を誇ります。これらのモデルに続く McLaren Artura は、ハイ・パフォーマンス・ハイブリッドシリーズ初となるスーパーカーです。

 

McLaren Artura は、あらゆる要素において新しく設計されています。それはプラットフォーム・アーキテクチャーから、ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド・パワートレイン、そしてボディのエクス テリア、インテリア、最先端のドライバー・インターフェースにまで及びます。数十年にわたる先駆 的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を生かし、電動化に関するあらゆ る専門性を注ぎ込んでいます

マクラーレン・オートモーティブ CEO、マイク・フルーウィット

McLaren Artura に搭載される、まったく新しいコンパクトなツインターボ V6 ガソリンエンジンは、エレクトリックモーターとの組み合わせにより、新しく軽量なハイ・パフォーマンス・ハイブリッドパワートレインを構成します。このパワートレインは、より大排気量のマクラーレン V8 エンジンのパフォーマンスを保持しながら、低回転域でのトルクレスポンスの向上、という新たなメリットも加わることで、躍動感あふれる加速を実現します。また電力のみでの走行も可能で、排出ガスゼロの市街地でも利用できます。

 

McLaren Artura は、まったく新しいプラットフォーム・アーキテクチャーを採用した最初のモデルとなります。電動化のために最適化されたこのアーキテクチャーの設計・製造は、イギリスのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターが担当しています。マクラーレンは、モータースポーツをルーツとする超軽量のエンジニアリング理念を、McLaren Artura でさらに押し進めました。例えば

 

ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド・システムの採用により追加された重量は、シャシー、ボデ ィ、パワートレインの隅々まで軽量化技術を適用したことによりほぼ相殺され、加えてあらゆるマクラーレンが誇る卓越したダイナミクスをベースとした、マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用したことで、クラス最軽量のアドバンテージを提供します。

 

まったく新しい McLaren Artura に関するさらなる詳細は、今後数カ月で明らかにされます。最新の情報を希望されるお客様は、マクラーレン正規販売店にてご登録いただくか、以下のサイトをご覧ください。

https://cars.mclaren.com

 

マクラーレン・オートモーティブについて:

マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスーパーカーを製造してい   ます。自動車は全て、英国サリー州ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)にお   いて、手作業で組み立てられています。2010      年に設立され、現在はマクラーレン・グループ最大の企業です。

 

GT、スーパーカー、モータースポーツおよび究極(アルティメット)のモデルで構成されている、マクラー   レン・オートモーティブの製品ポートフォリオは、世界中の 32 以上のマーケットの  85  以上の正規販売店にて販売されています。

 

マクラーレンはパイオニアとして絶えず限界に挑戦しています。1981 年、マクラーレンは、McLaren  MP4/1 を通じて、軽量かつ強固なカーボン・ファイバー製モノコックシャシーを初めて Formula 1 に導入しました。

 

1993 年には、ロードカーの McLaren F1 を設計・製造。以来、製造する車両全てにカーボン・ファイバー・シャシーが採用されています。また、アルティメットシリーズのモデルとして、マクラーレンは、ハイブリ   ッド・ハイパーカーである McLaren P1™を業界に先がけて投入しました。

 

2018 年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、12  億ポンドを研究開発に投入し、2025  年までに 18 のニューモデルを導入するという、新しいビジネスプラン「Track25」を発表いたしました。

2018 年、マクラーレン・オートモーティブは 5,000  万ポンドを新規投資し、イングランド北部のシェフィールド地域に、マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターを開設しました。この施設では、軽量   のマクラーレン・カーの核となる、次世代の「タブ」が製造されることになっています。

 

2019 年にマクラーレンは、600LT Spider、新しいGT、ならびにサーキット専用の Senna GTR を投入し、620R と McLaren Elva を発表しました。

 

イノベーティブなスポーツカーとスーパーカーシリーズを開発、設計および製造するために、マクラーレ      ン・オートモーティブは、専門的な知識と技術をもつ世界トップレベルの企業と提携しています。アクゾノ   ーベル、アシャースト、ワンプラス、デル・テクノロジーズ、ピレリ、リシャール・ミル、トゥミが主なパ   ートナー企業です。

 

マクラーレン・グループについて:

マクラーレン・グループは、ラグジュアリーなオートモーティブとテクノロジーにおける世界的リーダーで   あり、マクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシングおよびマクラーレン・アプライドとい   う 3 つのビジネスで構成されています。

 

オフィシャルウェブサイト:https://cars.mclaren.com/

オフィシャルフェイスブック:https://www.facebook.com/mclarenautomotivejpn/ オフィシャルインスタグラム:https://www.instagram.com/mclarenautojapan/

マクラーレン・オートモーティブ アジア日本支社 オフィシャルユーチューブ:

 こちらをクリックください

 

リージョナルPR マネージャー根岸美穂子

Phone: 03-6675-4313 / Email: mihoko.negishi@mclaren.com

 

または

 

広報事務局(コスモ・コミュニケーションズ/ コミュニオン) 担当: 小川/ 山内

Phone: 03-5468-5278 / Email: jp.press@mclaren.com